シミ・そばかすを消すにはどんな化粧品が良い?

シミやそばかすは美容上の大きな問題であり、これを消す化粧品も数多くあれど全てが十分な効果を発揮するというわけではありません。つまり、シミやそばかすを本気で消したいと考えるならば本当に効果的な化粧品を選ぶ必要があるのです。

 

シミやそばかすというのは肌の内側から発生したトラブルであり、肌の奥の真皮層近くまで浸透し作用する成分というのは限られます。ですから、化粧品によく用いられる有用な成分を把握しておき、化粧品を選ぶ際の物差しとしましょう。

 

シミ・そばかすに効く成分は?

 

現在の皮膚科学では皮膚の奥から発生しているシミやそばかすに対処する際に、真皮層の細胞を正常化しターンオーバーを早めることで表面の肌組織を新しく正常な組織と速やかに差し替えるアプローチと、肌内部の余計な色素を直接漂白するアプローチの二つがあります。そしてこれらに役立つ成分をそれぞれ説明します。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体は平たくいえばビタミンCの元であり、そのままでは役に立ちませんが体の中に取り込まれるとビタミンCへと変換されます。

 

何故ビタミンCそのものを用いないかというと、皮膚へ塗布した場合ビタミンCそのものでは皮膚表面にしか効かず内部にあまり浸透しませんが、ビタミンC誘導体ならば皮膚内部までしっかり浸透するからなのです。そして皮膚内部では酵素の働きを受けてビタミンCとなります。

 

ビタミンCは最も一般的な抗酸化物質であり、皮膚細胞のダメージを防いだりコラーゲンの生成に関わったりと様々な働きを行い、新しく正常な肌細胞が生まれてくるのを助けます。

 

ハイドロキノン

 

一方でシミなどの見える形で皮膚内部に留まっている色素そのものを漂白する成分にハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは医学界においても美白剤として用いられている成分で、肌内部への浸透が良く漂白効果も高いため、比較的即効性の高いシミ・そばかす対策として使えます。

 

実際の化粧品選びのポイント

 

化粧品を選ぶ際には、上記のようなシミ・そばかすに対して確かな薬理作用を持ち実績のある成分が含まれていることを確認するほか、他にも美白成分や保湿成分が含まれていることをチェックするといいでしょう。美白成分にはハイドロキノンと似た構造を持つ成分が多く、アルブチンやルシノールなどはよく用いられる美白成分です。

 

また、シミやそばかすの原因は肌内部へのダメージであり、ダメージの原因はというと乾燥であることが多いです。そのため、新しいシミやそばかすを作らないという保険的な意味で保湿成分がしっかり含まれているものを選ぶとよりベターです。

アフィリエイトの基本