シミ・そばかすを作らせないコツ、ポイント

シミやそばかすは外的な刺激への反応として発生する生理現象ですので、肌への刺激をできるだけ少なくするというシンプルな対策が何より重要です。

 

しかし一口に肌への刺激といっても、肌への乾燥といったわかりやすく体感しやすいものから、活性酸素による肌内部からのダメージといった全く感知できないダメージもありますので、感覚に頼らず十分な対策を取っていくことが重要です。

 

シミ・そばかすの原因として大きいのが何と言っても紫外線です。紫外線は肌の組織そのものに不可逆的で大きなダメージを与えるもので、皮膚がんの原因にもなりますし体の健康を脅かす大きな健康リスクです。

 

そのため、この紫外線のダメージに備えるために肌はメラニン色素の生成を活性化させ、色素溜まりを皮膚の中に作ります。これがシミやそばかすというわけです。逆に言えば、紫外線の対策によってシミやそばかすの発生リスクは大きく低下させることができると言えるでしょう。

 

また、先にも挙げましたが乾燥も日常的に肌が受けるダメージの一つです。紫外線に限らず全ての外的な刺激は肌細胞へのダメージとなり、そのダメージが誘因となってメラニン色素を作るメラノサイトが刺激されます。

 

そして最も受ける頻度が高い外的刺激が乾燥というわけです。そもそも肌は適度な湿度がないと免疫機構がうまく働かないために、乾燥状態を敏感にキャッチするセンサーが備わっており、これに応じて皮脂分泌などが活性されますが、この時メラノサイトも少なからず活性化してしまうためシミやそばかすができやすくなります。やはり毎日の基礎的な保湿も欠かせないのです。

 

他には、体内で発生する活性酸素対策も重要です。活性酸素自体は人間が酸素を吸うことでも発生してしまうため0にすることはできませんが、ビタミンCに代表される抗酸化物質を摂取することで活性酸素からのダメージを軽減することができます。

アフィリエイトの基本