シミ・そばかすはなぜできるのか

化粧でも隠しづらく何かと目立つシミ・そばかす、とても対処に困る女性の悩みの種ですね。いつの間にかできてしまっていたという人も多いと思いますが、基本的にシミやそばかすは体の防御反応として発生するものですので、シミやそばかすを作らせないような生活を心がけることが何より重要です。では、シミやそばかすはどのようなメカニズムで発生するのでしょうか。

 

先にも述べたとおり、シミやそばかすは肌の防御反応の発現です。肌に限らず人間の体はダメージを受けると、そのダメージを治したりあるいはダメージの深刻化を防ぐために様々な反応を起こします。

 

出血すればそれ以上の失血を防ぐために血液が凝固しますし、感染が起これば該当の部位は炎症を発生させて対象を排除しようとします。そしてシミやそばかすは、主に紫外線や活性酸素からのダメージを防ぐために発生しています。

 

よく紫外線がお肌に悪いと言われます。これはエネルギーの強い紫外線が体を構成するタンパク質を直接損傷させてしまうことによるもので、この時に肌内部では活性酸素が発生します。そして、肌内部での高濃度の活性酸素発生をトリガーとしてシミやそばかすは発生します。

 

活性酸素は紫外線暴露以外によっても発生しますが、紫外線暴露による活性酸素の発生量は多く、そして紫外線そのものが肌にダメージを与えるため、紫外線対策を第一に考えていく必要があります。また、お肌の乾燥なども皮膚の奥までダメージを与えるためよくありません。

アフィリエイトの基本